監督署からの是正指導、労働組合からの団交要求

監督署からの是正指導、労働組合からの団交要求「労働基準監督署から時間外手当で是正指導を受けた」「労働組合から、突然の団体交渉の申入れを受けた」などの事態に遭遇した時、会社での対応はどうでしょうか。

普段、問題になっていなかった事でも、退職時などにトラブルとなるケースが増えています。

・タイムカードのコピーと給与明細を監督署に持ち込み、時間外手当の未払いを申告するケース
・解雇理由が不当だとして、労働組合に駆け込み組合から交渉を求められるケース

いずれも内容上の理由があれば、対応を拒否することはできません。会社にとっては、それまで直接問題にされた事もなく、何が問題とされ、どんな事が労働基準法違反になっているのかわからない場合が多いのです。

冷静に要求されている内容を検討し、これまでの事実経過の再チェックなどで問題が浮き彫りになるはずです。そして、問題に違法性があるかどうかの基準となる、労働基準法を中心とした労働法規、判例などで判断し、適切な対処方法を決めることです。

ひらの社会保険労務士事務所は、そうした労務トラブルに適切はアドバイスを行います。個別に委託を受けた場合、より具体的な対応を検討し、必要な資料作成、調査への立会い、団体交渉への同席なども行います。問題が発生した時、早めにご連絡下さい。

岡山県内なら、直接の委託を受け対応いたします。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

主な業務地域
岡山県(岡山市、倉敷市、玉野市、瀬戸内市、赤磐市、備前市)

お問合せフォーム